(C)ぺんぎん鉄道


◎ICカード「P-CARD」のご案内
※当社グループの各種ICカード対応表は下記PDFをご覧ください。

 →「ぺん鉄グループICカード対応表」(PDF)

◎便利なICカード乗車券です。

・ワンタッチで精算!小銭が不要で、乗車時に整理券をとる必要がありません。

・回数券カードと定期券カードがあります。回数券カードを定期券カードに変更することも可能です。

・1枚の「P-CARD」を下記事業者間で共通に使用できます。

 

◎ご利用可能な事業者

・ぺんぎん鉄道グループのバス、鉄道

・ぺんぎん鉄道と大沢交通が共同運行する高速バス(東京〜草津間に限る)

・大沢交通のバス、鉄道

・九州電鉄(一部の路線で使用可能)

・多摩川バス

・名四鉄道

・中部電鉄

・松ヶ瀬交通

・近畿中央鉄道

・埼玉急行電鉄

・富賀交通「to-ca」対応の車両

【架空バス・鉄道事業者様へお知らせ!】

ぺんぎん鉄道では当社ICカードシステム「P−CARD」に参加、あるいは「P−CARD」との相互対応(相互利用)を検討しているICカードシステムを運営されている方々のお問い合わせを随時受け付けております。ぺんぎん鉄道までお気軽にメールください。

◎ぺんぎん鉄道グループ発行のカードデザイン(回数券カード・定期券カードとも基本デザインは共通です)

☆「P-CARD」回数券カード

◎発売額

・ぺんぎん鉄道グループでは以下の券種(初期利用額)をご用意しています。

500円(オリジナルカードのみ設定)、1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円

※5,000円・10,000円券に関しましては、窓口のみでの発売となります。

※預かり金(デポジット)はありません。また、初期段階ではプレミアもございません。

※他事業者では発売金額・券種が異なることがございます。詳細は各事業者までお問い合わせください。

◎カード販売場所

・ぺん鉄グループのバス・鉄道の車内(車内では1,000円〜3,000円のみ取り扱い)

・ぺん鉄グループのバス・鉄道の窓口

・大沢交通、九州電鉄の窓口、バス、鉄道の車内

・多摩川バスの窓口、バスの車内

・名四鉄道の窓口、車内

・中部電鉄の窓口

 

◎「P-CARD」のご利用方法

☆バス・鉄道のワンマン車両で運賃後払い(多区間)のとき
・乗るときは... ・降りるときは...

乗車口のカードリーダーへカードを触れてください

 

運賃箱のカードリーダーへカードを触れてください

※小児運賃・各種手帳による割引運賃・複数人でのご利用の場合には、カードを触れる前に必ず運転者までお申し出下さい。

☆バスで運賃前払い(単区間・均一運賃)のとき
・乗るときに...

 

運賃箱のカードリーダーへカードを触れてください

 

※小児運賃・各種手帳による割引運賃・複数人でのご利用の場合には、カードを触れる前に必ず運転者までお申し出下さい。

 

◎積み増し(「P-CARD」の場合チャージではなく「積み増し」と言います)

・「積み増し」をしていただくことでカードを繰り返しご利用できます。積み増しの上限金額は30,000円までです。

・「積み増し」した金額の10%が利用可能金額(カード残高)へさらに加算され、お得になります。

  → 例:1000円積み増しすると、1100円分としてカード残高へ加算されます。

 

窓口での積み増し:

カードを窓口へ提示ください。1000円単位で受け付けます。

※窓口での積み増しの場合は紙幣でなくても、金額が1000円単位になっていれば硬貨での積み増しも可能です。(例:500円硬貨2枚で1000円積み増しなど...)

バス車内での積み増し:

バスが停車中(信号待ち・乗降扱い中)に運転者にお申し出ください。ぺんぎん鉄道グループの車内では1000円・2000円紙幣単位で積み増しできます。その他の事業者につきましては、各事業者窓口へお問い合わせください。

鉄道車内での積み増し(ワンマン運転の場合):

ぺんぎん鉄道グループの鉄道ワンマン車両では運賃箱に「セルフ積み増し機能」を搭載しています。進行中でも各自で1000円・2000円紙幣単位で積み増しできます。(車両の前後どちらの運賃箱でも可能です)

手順1:運賃箱上部にある「積増」ボタンを押します。

手順2:10秒以内にカードをカードリーダーへ「載せてください」。(触れるだけではエラーとなります)

手順3:さらに、10秒以内に1000円もしくは2000円紙幣を「紙幣挿入口」へ挿入します。

手順4:「積み増ししました」とアナウンスが流れれば積み増しは完了です。さらに追加して積み増しを行う場合には、手順1から繰り返します。

鉄道車内での積み増し(車掌乗務の場合):

車掌にお申し出ください。専用の端末機で1000円単位で積み増しできます。

窓口での積み増しと同様、金額が1000円単位になっていれば硬貨での積み増しも可能です。

自動積み増し機(右図)で積み増し:

1000円・2000円・5000円・10000円紙幣単位で受け付けます。画面で積み増し手順を逐一表示いたしますのでお確かめの上操作してください。

☆「P-CARD」定期券カード

(定期券機能は他社間の共通使用はできません)

◎特長

・既存の回数券カードに定期券機能を組み込むこともできます。ただしオリジナルカードに関しては組み込むことはできませんのでご了承ください。

・記名式定期券(企業定期券は除く)は本社・子会社の区別なく他地域の窓口で発行いたします。

・新規で定期券カードを発行された場合、回数券部分には残額がありませんので、別途積み増しが必要となります。

・回数券部分に積み増しを行っておけば、区間外やP-CARD対応他社でのご利用の際に自動的にこの部分で精算できます。

・記名式定期券は紛失の際、再発行できます。(「エリアフリー定期」は再発行いたしかねますのでご注意下さい)

 

※紛失された場合には窓口にお越しいただき、再発行時には身分証明書等をご提示していただきます。また、紛失時再発行手数料として500円をお支払いいただきます。

◎割引率など...

・種類により異なります。また、区間によってはさらに割引となる場合がありますので詳しくは最寄の窓口へお問い合わせください。

・基幹バス&ゾーンバス合併定期、鉄道・バス連絡定期の設定もあります。

◎定期券の種類(他社の定期券に関しましては各事業者へお問い合わせください)

定期券の名称 条件 割引率 申し込み時に必要なもの

一般(記名式)

(往復・片道)

(1ヶ月・3ヶ月)

利用する乗客は限定しません

基本的には指定区間の普通片道運賃の60倍の25%引き(片道の場合にはその半額)

3ヶ月の場合は1ヶ月の定期運賃を3倍した額からさらに5%割引します

※10円以下の端数は切り捨てます。

 

通学I(記名式)

(往復のみ)

(1ヶ月・3ヶ月)

中・高校・指定された大学・専門学校等に通学している方

基本的には指定区間の普通片道運賃の60倍の40%引き

3ヶ月の場合は1ヶ月の定期運賃を3倍した額からさらに5%割引します

※10円以下の端数は切り捨てます。

学校が発行する証明書(新規時)

通学II(記名式)

(往復のみ)

(1ヶ月・3ヶ月)

小学校に通学している方

基本的には指定区間の小児片道運賃の60倍の40%引き

3ヶ月の場合は1ヶ月の定期運賃を3倍した額からさらに5%割引します

※10円以下の端数は切り捨てます。

学校が発行する証明書(新規時)

企業(記名式)

(往復のみ)

(1ヶ月・3ヶ月)

ぺんぎん鉄グループが指定する企業に勤めている方

基本的には指定区間の普通片道運賃の60倍の33%引き

3ヶ月の場合は1ヶ月の定期運賃を3倍した額からさらに5%割引します

※10円以下の端数は切り捨てます。

企業内申請に限定します。個人申請は出来ません。

※地域により購入できる窓口が指定されていますので、詳細はぺんぎん鉄道までお問い合わせ下さい。

エリアフリー定期

(持参人式)

(1ヶ月)

利用する乗客は限定しません(大人・小児とも同額です)

※この定期券は紛失しても再発行いたしかねますので十分ご注意下さい。

エリアは下記の通りぺん鉄・ぺん鉄子会社でそれぞれ設定しています。利用可能範囲など詳細は窓口にお問い合わせください。
・Pタウンエリア(8,100円)

・東長崎エリア(8,100円)

・宿町中央、西部営業所エリア(7,650円) ・諫早駅エリア(9,000円)

・中央橋、新地エリア(8,550円)

・大村古町エリア(9,000円)

・ぺん鉄グループ「P-CARD」Q&A

Q:「回数券カード」へ「定期券」を組み込めますか?

A:はい、組み込むことが可能です。ただし、オリジナルカードはこの扱いをいたしませんのでご注意ください。

Q:自分の地域の「定期券」を購入する際、他地域の窓口でも取り扱いしていますか?

A:はい、ぺんぎん鉄道グループの窓口であれば、どこの窓口でも同じ取り扱いをいたします。たとえば、本社地域の区間の定期券でも、他支社・子会社の窓口でも発売いたします。

Q:本社地域と子会社地域をまたがる「定期券」を購入できますか?

A:はい、この場合は双方通しの距離で基準運賃を算定し、双方で通用する定期券を発行いたします。

Q:ぺんぎん鉄道グループでの「乗り継ぎ割引」は?

A:一部地域では本社車両と子会社車両が双方混じって運行しているところがありますが、乗継割引は「ぺんぎん鉄道グループ」間の利用として適用されます。ただし、以下の場合は適用されません。

・「ぺんぎん鉄道グループ」以外他社間での乗り継ぎ

・一部のコミュニティバス、ゾーンバスでの乗り継ぎ(「ぺんぎん鉄道グループ」が運行していても適用外です)

Q:「定期券」で乗れないバスはありますか?

A:基本的に自治体委託のコミュニテイバスはご利用になれません。ただし、一部コミュニテイバス路線では「合併定期」の設定や例外がございますので窓口へお問い合わせください。

Q:「オリジナルカード」とは?

A:「P-CARD」では、お持ちいただいた写真やイラストなどでオリジナル回数券カードを制作することができます。詳細は電話または取り扱い窓口でお問い合わせください。

Q:回数券カードを一度も使わなかった場合には?

A:カードを新規購入後、あるいは、積み増し・利用をした最終日から起算して10年ご利用がない場合には記憶されている残額・ポイント等はすべて失効になりますのでご注意ください

Q:カードを使わなくなったので払戻しをしたい

A:「ぺんぎん鉄道グループ」が発行したカードを持参の上、取り扱い窓口へお越しください。ただし、払い戻し手数料として500円頂戴いたします。場合によっては払い戻し額がない場合もございます。手数料に対して残額がある場合にはその額を現金にて払い戻しいたします。同時にカード内に記憶しているポイントなどあらゆる情報は、払い戻し完了後に失効となりますので、ご了承ください。

定期券に関しましては別途規定がございますので、取り扱い窓口でお問い合わせください。

他事業者の発行したP-CARDに関しましては、その事業者窓口へお申し出ください。

Q:利用履歴などは発行していただけるのでしょうか?

A:はい、カードを持参の上、取り扱い窓口へお越しください。「明細照会」と「履歴照会」2種類の帳票をご用意しています。